就職活動と新卒、転職について、様々な観点から述べていく内容。就職活動を経験したのでより具体的に記述されている。

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

転職は慎重に!新卒至上主義の日本

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事
新卒について話していきたい。現在の日本には、未だに新卒至上主義がある。その為に大学では就職浪人で大学に意図的に単位を調整して留年し、就職活動を再び0から行う者もいる。そのメリットは3つある。1つ、「本当に行きたい企業へ2度アプローチできるチャンスがある」これは、通常の3年生の12月から始まる就職活動と留年して再度挑戦する就職活動を合わせたので2回である。もし、一回目に最終で落とされてしまったのならば、前回のノウハウを使い、2度目は受かる確率が上がるかもしれない。2つ目は「慣れによるノウハウ取得状態で就職活動に望める事」である。1つ目に少し似てしまうが、就職活動は多くの人が半年〜一年かけて行うものである。それを真面目に取り組んでいれば、ある程度のノウハウが身についているはずである。
例えば、「グループワーク」これは完全に慣れで突破できる選考である。初めての人は何がなんだか分からず、短い時間内でグループの意見をまとめられず、自分の役割を全うできず「不合格」になってしまう。

続いて転職について。はっきり言って多くの転職者が転職に成功しない。キャリアアップの為の転職なら未来に対する希望はあるが、「上司と合わなかった」「仕事がつまらない」「人間関係がうまくいかない」などで転職を希望する人がほとんどなのは言うまでもない。転職サイト最大手のエンジャパンでは「転職は慎重に」では提唱している。正直、転職サイトの企業がそう言っているのであれば大体、察しがつくだろう。

Copyright (C)2017新卒者が転職するにあたり考えておくべき事.All rights reserved.