今や新卒でさえ就職が困難な時代である。ましてや転職するとなるとその難易度はさらに上昇する。

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

新卒の有利なところ、転職の不利なところ

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事
現代は就職難の時代である。ちょうど私が大学を卒業するころから、日本の景気が悪くなり、大学の就職率が少しずつ悪くなっていったのを覚えている。最も悪かった時代では、新卒でもなかなか就職を決める人はおらず、就職浪人という言葉が流行っていたような気がする。いまもそうだが。新卒から就職をさがして・・・でもなかなか見つからないため、多くの人が希望とは違った職に就くことになる。そうして入った会社では、なかなか馴染むことが出来ず、数年で退職するひとが多い。そうして退職した人は、今度は転職という壁にぶち当たってしまう。

転職ははっきり言って、新卒で就職を探すよりはるかに難しい。転職する場合、当然だがすでに新卒の人間よりは歳をとっている。そのため企業側としては当然若い、伸び白のある人材が欲しいため、よそから転職してきたような人間を採用する場合、それ相応の対価を求める。転職しているということは、すでに社会経験があるということだから、新卒に比べある程度即戦力として会社内で活躍する可能性はある。だがそう思ってもらえるようにするためには、目に見える資格や特技、実績などを持っておく必要がある。このような特技が無い場合、転職をすることはかなり厳しい。そのため、できることなら新卒の段階で、自分の目標をしっかりと持って、最初から希望の職に就けることがベストなのである。就職するまでに、自分のやりたい事や得意分野を十分に伸ばし、自分を良く知ることが就職で成功するための一番の近道だと思う。

Copyright (C)2017新卒者が転職するにあたり考えておくべき事.All rights reserved.