労働市場の流動化とともに新卒者が入社数年で従業員削減策に対する将来不安を感じて転職するケースが増えています。

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

従業員削減策に対する将来不安を感じて転職する入社数年後の新卒

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事
労働市場の流動化が始まった頃から新入社員が企業に入社し、定年まで勤める気持ちを持つ人がすっかり減り、個人的事情よりも企業側の事情により次第に転職する人が増えてきたようですが、その傾向は時代とともに変化しているように思います。
既に雇用環境が昨今のように厳しくなる前にも求人側と求職する新卒者との間にはミスマッチがあり、個人的事情で転職していく新卒者が多かったのです。

学校教育でゆとり教育を受けた世代が新卒者として大企業や有名企業に入社した時期には周囲の人も含めて就職口を得て喜んだのもつかの間で、入社後3年程度で新卒の3割が退社した時代があったのです。

理由としてはゆったり仕事をしたい気持ちを持って入社したところ、規律を求める職場に馴染めない等の理由で退職する人が多かったものです。

その頃は退職しても転職先がそれほど苦労せずに見つかる時代でした。
労働市場の環境がまだ求職者にフォローの風が吹いていたので、新卒者で入社後、直に退職する人の中には留学してから再就職を予定するケースが多数見受けられたのです。

しかしながら、リーマンショック発生時点辺りから企業業績の悪化を背景にして雇用環境が急速に厳しくなり、新卒者は不本意ながら希望する業種や企業規模でなくても一旦入社して、労働市場の様子を見ながら転職を考える人の増える時代が来たのです。

この頃からの転職は企業側の希望退職募集のような従業員削減策に対して入社後数年の新卒者が将来の雇用不安を感じて退職していくケースが多くなってきたのです。

ところが、再就職しようとしても求人側が業績の見通しがはっきりするまで雇用を絞ってしまい、一時的に必要な従業員を非正規雇用で凌ごうとしているため、このような若者が希望通りの就職口を得ることが難しい時代になっています。

Copyright (C)2017新卒者が転職するにあたり考えておくべき事.All rights reserved.