就職活動する場合の転職組と新卒組の違いについて説明しました。共通する部分についても説明しました。

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

就活する場合の転職と新卒の違いと共通点

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事
就職活動で転職の場合と新卒の場合で違いがあるかと言えば、そう違いはないと思います。
新卒の場合はほぼ学生であり、企業側の説明などを聞く側になるでしょう。他動的というか企業側に主導権があるという形にどうしてもなってしまうでしょう。学生ですので社会については余り分かっていない部分が多いので仕方ないと思います。
一方、転職する場合というのはある程度、仕事を探す方が経験がありますので、自分の方からいろいろ主張する部分が出てくるでしょう。給与面についても交渉するという場面もあると思います。
それがうまく行けば転職するという感じにもなります。

ただ、そういった交渉というのは実際にはそれ程ないというのが個人的な印象です。

昨今の就活事情としてはやはり企業側が強いということが転職や新卒の就活には共通している部分です。

面接をする場合にも面接官が面接を受けに来る人を品定めする感じがあるので、受ける場合は緊張すると思います。
面接官も人間ですので嫌な人は企業として取らないと思います。
まずは好印象を与えるということが必要でしょう。給与の交渉ということを先に挙げましたが、余りそういったことは好まれないと思います。
それよりも仕事の具体的な内容について交渉するというか質問をした方が好印象なのは否めないです。

一番聞きたいことがお金である場合は仕方ありませんが、企業は給与のことを面接者に最も理解して欲しいということではないのです。

Copyright (C)2017新卒者が転職するにあたり考えておくべき事.All rights reserved.