新卒で就職出来た職場をあっさりと辞めて転職活動を行うケースもありますが、どうすれば印象が悪くならないでしょう。

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事

新卒で就職したのに直ぐ転職する場合

新卒者が転職するにあたり考えておくべき事
新卒で就職した職場を短期間で辞めて転職相談に来る若者も少なくありません。いろいろ事情はあるでしょうが、やはりあまりに短期間での退職は印象が悪くなります。
そもそも短期間での退職自体印象が良くないうえに、この就職難の中就職した職場を辞めるのは「自分勝手」「辛抱が効かない」と思われてしまいます。
ところが新卒就職の1回だけ使える言い訳があります。
それは「自分の理解が甘かった」と素直に反省することです。

当初の条件と違ったとかやりたい仕事と違ったなど言い分はあるでしょうが、転職面接でそんな事情を述べても印象を悪くするだけです。

「短期間しか社会経験が無いのに、主張することだけは一人前」と思われてしまうのです。

それはそれとして「自分の仕事理解が甘かった」「自分の特性を十分理解出来ていなかった」ことを反省するのです。

そのうえで「その反省を基に再度自分に合った仕事は何かと考え、この度の求人に応募しました」としてみましょう。基本的に若い人材は望まれているのですが長続きしないのでは困る。自分勝手な人より自分の失敗を素直に反省する姿勢がある人の方が好まれるのです。

もちろんその分志望動機をしっかり組み立てておかないといけませんし、意欲や積極性を強く訴える必要もあります。
それでも厳しい質問で突っ込まれることもあるでしょう。
しかし下手に誤魔化したり言い訳じみたことばかり述べるよりは、気持ちを切り替えて前を向いた姿勢を伝える方が重要となります。

おすすめ

Copyright (C)2017新卒者が転職するにあたり考えておくべき事.All rights reserved.